わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録(たまに別の話題も,そりゃぁ・・)

檄文の反省・・・トレー勉強法

 檄文を書いては,今度は思い直して反省文的なものを書いたり。父ちゃんは,忙しいです・・

 

 一人で勉強机に自分から向かっていく小学生なんぞどこにいる!

 命令されたり,けなされてやる気になる人間がどこにいる!

 易きに流れない人間がどこにいる!

 他人と比べられて気分を害さない人間がどこにいる!

 誉められないで育つ人間がどこにいる!

 できたことを誉められて喜ばない人間がどこにいる!

  あんなに難しい問題を,良くもまぁ,解けるもんや!

 自信を持て,とけ!

 おまえは立派じゃ,とけ!

 

 新単元はあと少し。今年中に終わらせたろやないか,なぁ,とけ!

 覚束ないきらいがある単元は繰り返せばどうとでもなるわい!

 覚えるもんは覚えていったらええねん!

 ばんばんトレーに入れていって,ばんばん繰り返したらええねん!

 時間を常に意識しながら,一方でゆっくり,確実に進んでいこうや!

 

 やろうや,とけ!ばりばりやろうや。

 眠いけ?ほんなら,あと,少し。○○だけやろけ!

 

 えー,上記の,「トレーに入れていく」というのは,トレー勉強法といいまして,算数の問題でも何でもそうですが,うちでは主に予習シリーズをコピーして解いていくんですが,間違えたりできなかった問題は,とりあえず解説後一人で解けるようにして,それを2段あるトレーの下側に入れまして,数日たってできたら上の段に移しまして,さらに数日たってできたらトレーからおさらばしてもらい,問題集の該当のページにできましたよ,と報告をする,と,こういう勉強法です。トレーには毎日新たな問題が加えられていくわけですが,わたくしとしてはどんどん減らしていって欲しいし,娘は増えていくトレーに嫌気が差すという,なかなかに難しい定着法ですが,物理的にぽいぽいしていけるのが,わたくしとしてはとても気持ちが良いので,そんな感じでやっています。