わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録(たまに別の話題も,そりゃぁ・・)

いよいよ火がついたのか・・もう消えているのか・・

 

 とけちゃん,週末の組分けテストに向けて,先日のお友達(片面的ライバル)にも刺激を受けたのか,昨日は自分からいろいろいそいそとやり始めました。

 わしゃー,うれしいぞー。

 しかし,うちのとけちゃん,軸のないマッチのようなやつですので,そのやる気が今日も続くのかは分かりかねます。

 演習問題を全部解ききっていないんですが,テスト好きなもんで(満点か,わしに勝てばご褒美券(金品やゲームとかテレビとか,そういうものではありません)をもらえる可能性があるため,躍起になってやりよるのです),テストをたくさんやりました。

 やるのは,週テスト過去問集で,Aテスト,B(C(理社はBC共通))テスト,Sテスト。

 全部やるんです。

 これ,意外といいですよ。

 やっぱり,ただ問題を解くより,点数がつく方がモチベーション上がりますもんね。

 で,一単元3つとか4つもテストをやれば,問題集やったくらいの演習量にもなるし。

 一緒にテストをやるんですが,わしの方がそれは早く終わりますから,「自信あり。ほんじゃ後ほど」と(大人げない・・ですよね),机を離れるんですが,離れてとけを見ると,算数の時なんか,眉根を寄せてコリコリなんか計算しとぉるんですょ。かわいいわぁ。

 勢いづいてくると,いすの上に片膝をついて身を乗り出し始めよる。

 わはは,一生懸命取り組んどるんやなぁ。姿勢はあとで注意してやらなければいかんけれども,心身の総合の姿勢としては,ええねん。

 ええねん。それで,ええねんでー。

 今日もがんばろうなー。

にほんブログ村テーマ 中学受験を目指す家庭学習へ
中学受験を目指す家庭学習