わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生(2019年受験)の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録

九州から道場破りのご予約

 わが山ちゃん塾(仮称。わたくしは山上でも山左でもありませんが,素を出すとすぐ怒っちゃうから,優しげな名称を付けて素を糊塗しているわけです)に,わが私塾が誇るよくでき少年(5年生。ぬいぐるみが好き・・)から連絡があり,はるばる遠征しにきたいというではないですか。

 春休みですから,ちょっと先になりますが,その話を聞いてうちのとけちゃんもやる気を増してます。ライバルですから(あくまで片面的なそれではありますが)。

 夏休みも結構な期間一緒に勉強をしたんですが,この少年(歴史話好き),ホント,良い子。

 夏休みにわしの塾(っちゅうても,とけと2人でしたけどね。しかし,朝飯前に計算をやって,晩飯後も特訓が再開するという・・)に行くのを嫌がるどころか,ちょっと,あーた,聞いて下さいよ,そのよくでき少年(空想科学好き)「僕の誕生日プレゼントに山ちゃん塾に連れて行って欲しい」と言ったっていうんですから。

 「僕の誕生日プレゼントに山ちゃん塾に連れて行って欲しい」

 おっちゃん,泣けてくるわぁー。こんなわしからもう残り少ない涙を絞り取るなんて・・あー,なんてええ子やぁー。

 しかし,公開組分けテストで全国で50番に入るような彼の期待に応えるには,拙塾長としてもその誇りにかけて相当の準備が必要になります。

 まず一つは,下記のページの,図形100問を100連発でやろ。

 http://www.suguru.jp/

 しかし,これでは1日で終わってしまうかもしらんから,いろいろ用意したらな。

 わし,がんばって準備しとくからなー。

 楽しみに,待ってるでー。

 それまでお互い,がんばろなー。

にほんブログ村テーマ 頑張れ!パパ塾ママ塾へ
頑張れ!パパ塾ママ塾