わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録(たまに別の話題も,そりゃぁ・・)

読解1冊終了

 冬休みの読解力強化週間。


 「啓明社が紡ぐ小学国語・読解の応用」をようやく終了しました。

 そんなに難しいとは思われなかったけれども,それでも,いやー,時間かかるわぁー。シリーズあと1冊残ってる。2月中には終えよう。
 まぁ,何でも1冊終えれば,それ相応の力がついてくるものでしょう・・・か。

 算数などの他の教科なら,類題が解けるとか,そういった,成果が目に見えやすいんですけどね。それが実感できないのが国語学習。

 ストレスたまりますが,ほんま,こればっかりはどうしようもないですね。
 でも,予習シリーズは,やっぱりまだ難しいみたいです。そのまま書き抜けば解答になるような記述も,「ワカン」(ない)と言って,手が進まない様子。そこにそのまま書いてあるやんけ。。。

 背伸びした文章に触れさせるためには,予習シリーズもきちんと追いかけていかなければ。

 

 読解は,たまにわたくしが文章を音読して差し上げることにしました。

 きちんとした抑揚をつけ,理解するために読むというのは,こういう調子で読むんや,というのが伝わればいいなぁー。
 

 それにしても時間がかかるわー。