わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録(たまに別の話題も,そりゃぁ・・)

漢字は左から書くねんよ

 国語が決定的にだめなとけちん。

 読解のみならず,文法(これは私は重視しておらず,そのうちやったら良いやん,的なあつかいをしています)も,漢字もだめ。

 書いたらええやん。というのに,書かずにやり過ごそうとする。

 そうすると,うろ覚えになることは必然のことであり,左右逆の漢字(じゃないですよね)を書くことがしばしばあります。

 世の中の漢字という漢字が全部,林みたいな感じやったらいいけど,世の中そんなに甘くないんやぞ。

 さらに,さんずいを書き忘れたりすることがしばしばあり,書いている途中で気が付いて付け足したりすることもしばしばあります。

 あんな,漢字ってな,基本,左から書くねんよ(あるいは上から)。

 覚えときなー。もう,5年生なんやからなー。

 →知ってるし!という反発の言葉が返ってきます(ま,それはやむを得ないか。)。

 しかし,ホンマ,何回も書けとは言わんけど,ちゃちゃっと書いたらええやん,漢字くらい。

 

 な。書こ,書こ。