わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生(2019年受験)の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録

とけ,合格する

 ちょっと,過去問,やってみたんです。

 偏差値50少しくらいのところ。

 過去問がどういうものかチラ見させるつもりで。

 少し自信や希望を持ってもらいたくもあって。

 そうしましたところ,算数がほとんど全部解け(間違っているのが複数問ありましたけど),国語も時間内に解き終えて,まぁ,絶望的な点数でもなく,理社はまだ習っていない単元もあるから措いておくとすれば(という大甘な条件で。なんせ,自信と希望を持ってもらうのが目標ですから),とけ,合格点に達し,意気揚々としておりました。

 調子に乗ってもっと過去問をやろと言い出しますので,いやいや,まだ早いねん。全部の単元を終えて,総復習を終えて,そこからやるねん過去問は。

 ということで,おあずけしてます。

 帰宅したママなどに,合格した,合格したとしきりによくできっ娘っぷりをアピールしておりました。まだ1年もあるんだから,どんな学校だって楽勝じゃないか,的なモードになってしまってます。

 調子に(ほどよく)乗って,前方方向への推進力に(素直に)してはくれないものか。。

 

 ま,この調子で(この調子で良いのか?!)加速して,びゅーんと,いこ,いこ。

 

いいね!してして!


にほんブログ村