わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録(たまに別の話題も,そりゃぁ・・)

集中的な学習が効果的

 計算は別として,お勉強は,やっぱ,ある程度科目・単元を集中的にやった方が良いんじゃないかと思います。

 やっぱり,各教科・単元の勘所というか,感覚というか,そういうものがあるように思うし。

 集中的にやることで,なんとなくその単元のまとまった知識の相互の関係もおぼろげながら見えてくるような気もするし。

 散漫にやると結局身につかないんじゃないかなぁ。。

 うちのとけの性格上も,今日はこれやる!みたいな方がノリがいいし。

 時期的にも,今は,そういう勉強法がいいような気がしてきました。

 一日中語彙とかやると疲れそうですけどねぇ・・

 読解を挟みながら,漢字・語彙をやるとか,そういう風にしようかな。

 ・・・いや,国語の集中特訓は効果が薄いように思えてきました。

 算数・理社は集中特訓が効きそう。一日中図形をやってたら四角い頭も三角形になったり円になったりするだろうかな。

 ちゅうことで,とけ,やるぞやるぞ。今日も会社の会議室,借りました。

 やろ,やろー。

 

 

激励の趣旨でここはひとつ,よろしくっ