わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録(たまに別の話題も,そりゃぁ・・)

とけ,好調

 なんだか算数ばかりやりたがり,わしゃ疲れます。

 なぜ算数をやりたいかというと,わしに勝てることがあるからです。

 数の性質は,わしの固い頭ではとけちんに太刀打ちできひんことがある。

 難しい問題ではそうでもないけど,ばばばっとやるやつは,負けちゃうことがある。

 しくしく(外面)。。。

 あーうれしい(紛うことなき本心)!

 

 今日も算数ばかりやりたがるので,

 文章題は日本語で書いてあるのであるから,まずは日本語を習得せねばならず,

 算数に覚えがあるのであれば理科なんぞちょちょいのちょいなはずであるから,理科を得意としないことは理解しかねる,

 考えていてばかりでは疲れるから,見て読んで覚えて楽しい社会はどうでしょうか,

などと言って他教科に誘っております。

 

 しかし,楽しんで出来る教科があると,いいもんですね。

 

 

 みんな,がんばろっ!