わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生(2019年受験)の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録

首都圏模試の結果

 昨日あった首都圏模試。

 試験会場からでてきたとけちん,開口一番,「社会全然だめだった。トランプしか出てこなかった」ですと。

 そんなわけあるかい。

 しかし,問題を概観してみると,うーん,これはまだ知らなくても仕方ないかな,という問題が多かった印象。

 他はどうやったん?と聞くと,理科が一番出来た,理科は97点であるという。

 ほんまかいな。

 ちょっと話をしているうちに,二酸化炭素にものを燃やすのを助ける働きがあると答えていることが判明。そんなえせリケジョが97点な訳なかろ。

 自己採点してみると,79点だという。

 ほんまかいな。

 去年やったら偏差値77とかやで。貴女がそんな点を取るということは,ちょっと考え難い。甘々採点をしておるのではないか。

 ま,自信になったのなら無問題。

 じゃあ,理科,得意科目にするべく今日もやろうやないかといいましたら,今日は理科的気分ではないんですと。いつ理科気分になるんやっちゅうねん。

 算数も(150点満点の)100点だという。

 ま,そうかそうか。良く出来たんやなー。

 

 自信を取り戻したとけちん,午後からまず国語をやりました。

 やっぱり国語には時間がかかるということを再認識したみたいで,自発的に取り組もうとは,何とまぁ,えらいこと。

 予習シリーズの第6回をやりましたが,発展問題,ムズい。書いてあることは大人にはそんなに難しくなく,ちょっとお説教くさくて面白くない文章(すみません)だったけど,子どもには難しい言い回しが多くて難儀してました。

 第6回,言葉の問題も入れて,5時間弱も使ってしまった(それでも最後まで終わらなかった)。。

 

 それから,算数。

 立体図形のひもの巻き付けと,反射。

 この順番でやるのが良いですね。

 ひもの巻き付けはちゃんと展開図書けよ。

 展開図には立体図形に対応した頂点の記号とか長さはきちんと書けよ。

 これを怠るとあとの小問では絶対混乱するからな。

 反射は図形(相似)の問題として考えるもよし(この場合にも正確に展開図(まがい)書けよ)。縦と横の進み方から数の問題として捉えるもよし。

 両方の考え方が出来ないと,いろんな問題には対応出来ないし,速く正解にたどり着くことも出来ないから,両方の考え方をマスターしました。

 予習シリーズ,速ワザ算数,図形の必勝手筋,塾技。

 これだけやったら,勘所も出来てきたことでしょう。

 

 今朝もご機嫌なとけちん。

 ママちゃんに,自分は偏差値70的であるから左様心得られたい旨宣言して意気揚々と出かけていきました。

 

 

その意気やよし!