わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生(2019年受験)の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録

日能研模試結果を受けて

 昨日受けた日能研の模試の速報が早速出ていました。

 惨憺たる結果でした。こんな偏差値,あるんや・・・

 偏差値が50を超えたのは,算数だけ。

 娘はお友達の多くが通う四谷命的なところがあって,なんだか,適当にやってるんじゃないかという感じの答案でした。

 ため息が1つ,また1つ。

 あ。また1つ。

 

 中学受験には,精神的な成熟がほとんど不可欠だと思います。

 自立心,自律の精神,事物に対する自分なりの理解。

 難関校を受験するには,これは,絶対に必要だと思います。

 周りの子達で合格していった子,あるいは合格するだろうと思われる子は,みなそうでした。

 そうでなければ,幼さゆえの素直さが必要になってくるでしょう。

 素直であるが故の,与えられた課題に対する疑問のない取り組み。

 しかし,後者では,難関校を受験するには覚束ないように思われます。

 

 幼く,かつ素直でもない場合には,もう,これは望みが薄いですね。

 うちのとけちんは,残念ながら,幼く,素直でもない。

 幼いから,事物に対する関心が薄く,理解も的外れなものになる。

 文章を読みこなすことができず,国語のみならず,他の科目でも題意を正解することができない。

 幼いから,自分が受験のためにするべきことを本心からは理解していない。

 素直でないから,教わったことをそのとおりにやってみるということをしない。

 書いたり,素早くしたりということを厭う。

 受験指導をしていると,毎日ため息が出てしまう。

 本人の前では出さないようにしていても,出る時は出ちゃう。

 いやぁ,それは自分のためにならんで・・・って。

 

 しかし,それがとけちんというやつなわけです。

 

 受験や偏差値に目が行って,我が子のありのままの姿を否定的にばかり見てしまっては,本末転倒ですわね。

 幼く,素直でもない。

 そういう我が子とお勉強をしているのだ。

 ハンデ上等。格闘の日々を,楽しんでやろうじゃないか!

 

 と,空元気を出すほかないです。。。

 

 

ホンマの元気,出したいゎ・・・