わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生(2019年受験)の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録

線分図講義

 とけちんを組分けテストに送り出し(朝,あわただしく中和計算と魔女の帽子などいくつかを突貫見直しし),ほっと一息ついてやろうかと思ってましたら,そうやった,今日は長男のお友達がお勉強に来るんやった。

 えらいゎー。3年生の春期講習で線分図をやったようなんだけど,春期講習に通っていなかったから全く分からない,ここはひとつ山ちゃん先生よろしく,ちゅうことになった次第です。

 お友達(ハンサムなサッカー少年。うちの長男との共通点は,黒いことくらい…かな)うちの長男と違って,ていねいに線分図を書こうとする。

 えらいゎー。塾の課題を,きちんとこなしている。わしの話もとても素直に聞く。分らんことがあったら,またいつでもコイやー。

 うちの長男(ぽーやん)は,計算は不得意ではないから,答えはすぐ出るので,線文図を書くことを面倒くさがりよる。

 あかんでぽーやん,きちんと書く習慣が,頭を整理して考える習慣をはぐくみ,難しい問題にも対処できるようになっていく前提になるんやで。

 さて,そろそろとけちんが帰ってきよるかな。

 今日も休む時間はないからな。がんばろな!

 

f:id:yamachanj:20180902120045p:plain

 

 

f:id:yamachanj:20180902120132p:plain