わしが教えたる!父と娘の中学受験

塾に行くと遊んでくるだけになるに違いない小学5年生(2019年受験)の長女とけ(愛称)に,何を思い立ったか受験指導を始めて没入している父と娘の記録

年始出だし不調

 とけ,年末年始も(当たり前だけど)特訓。

 元旦は過去問三連覇しようぜと息巻いていたけど,3つとも合格点に至らず,へこんでます。

 頼みの算数が引き上げてくれず,むしろ国語が足を引っ張る度合いが減ってきて,それはそれでよいことではあるけれど,でも全体としてはイマイチ。

 算数脳が弱ってきているとの本人の感想に従い,今日は算数特訓。基礎的な問題の総おさらい。

 全部で205問ある。

 朝から解いて,今も解いてます。

 今日はこれをやり遂げてから過去問一発くらいできるかな。

 

 205問は大変だけど,さくさく解ける問題がほとんどだから,気分良さそうにできるかと思ったら,たまに面倒な計算があって(中学受験生が3.14を厭ってどうするよ),フヘフヘゆうとる。

 今までなら問題の読み違えや単純な計算ミスは,その旨指摘したけど,今日はそれはせぬ。

 自力で解き切りたまえ。

 

 よっしゃ,まだまだ道のりは長いぞ!