わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をちょっぴり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

少年達わらわらやってくる

 ぽーやん,土曜日午後はサッカー。
 午前中にはサッカーチームのエース君が,お勉強しにやってきました。
 まずは算数の来週の単元,正方形と長方形。
 それ以前に,長さや重さの単位変換はまぁ分かるけど,面積については単位換算がおぼつかないことが判明。
 面積は長さ×長さやから,平方キロメートルを平方メートルにするには,1000分の1のまた1000分の1。
 まぁ,慣れてくれさえすればええねんということで,しゃっかしゃっかおんなじような問題を数字を変えて出す。
 一応慣れてきたところで,a,ha。これも慣れないと混乱するね。
 土地の面積は生活に必要やろ?広い面積を表すのに,平方メートルと平方キロメートルしかなかったら困るやんか。
 なので,10メートル四方を1a,100メートル四方を1haゆう単位を作ったんやろうな。
 ちゅうことで,いったん平方メートルに直す。それから,10×10,0を2つ落として,a。
 100×100,0を4つ落とせばha。
 OK?これもちゃっちゃかたくさんやって慣れてしまおう。

 それが終わったら,塾の課題でもある,例題と基本問題。
 ついでに基本演習問題集もやってしまおう。
 おうおう,できるやないか。練習問題もやってしまおう。

 算数は疲れたとわやわや言いよるので,よっしゃ,これから社会はいろんな特徴のある地域のことを習っていくやろ?
 前提として,きちんと都道府県と県庁所在地は書けるようにしとかなあかんな。
 ほれ,白地図に番号を付したものを作っておいたぞ。

 2人とも,声に出さずに書いていけよ。
 ①。北海道,札幌。
 札幌,なじみのない漢字やけど,覚えるしかないで。
 47番,沖縄,那覇。これも同じ。
 繰り返しやっていくと,札幌も那覇も書けるようになった。
 書けるぞアピールをするべく,幌の字をやたら大きく書いたりしよる。まぁ,かわいいもんです。
 強敵は埼玉,宇都宮。崎玉やないで。宇津宮やないで。
 まだちょっとあやふやなままで昼食後にサッカーへ。
 終わったらまた来るからー!と元気なサッカー少年。

 で,夕方,ぽーやん,帰ってくるなり,今から6人来るから!ですと。
 うわ,そんなに来るんか。。プリント用意してへんぞ。
 ぽーやん,みんなが来てくれることになってうれしいのか,あれをやったら良いんじゃないか,これをやったら良いんじゃないかと,しきりに提案しよる。
 シャワーを浴びながら,ポリポリリーン,お風呂場で呼んでいます,というアナウンスが部屋に流れてくる。
 ねぇねぇ,四谷じゃない子もいるから,やっぱ,あれやったら良いんじゃないかと。
 風呂場にまで呼び出すなや(苦笑)。

 で,少年達わらわら。
 ぽーやん,塾に通い始めたのが先週で,まだ1週間も経っていないし,クラスも下の方なのに,春休みに来週の単元を終えているからか,ホームゲームだからか,できるやつ風の感じになっていて,少年達から,手伝ってくれコールを受けて,嬉々として,これはこーじゃん,おれ天才だし,とかなんとか,まぁ,はしゃいでおりました。
 
 最後に,都道府県もう一回やろう。全員で回していって(書くのは全員書くんやぞ),10連続で書けたら今日のお勉強は終わりとする。
 ということで,それぞれの覚えている具合を観察しながら,こいつには青森を出してやろうとか,こいつはフェイントで近畿を聞いてやろうとか。
 無事10問連続正解になり,みんなでキャッホー!1人でもうるさいのに,複数になるとうるさくないわけがない少年達。ホンマにうるさい。
 
 とけちんの時はお嬢様がお勉強しに来てくれましたが,今後は少年達が来るようになるんでしょうね。
 サッカー少年が多いから,夏とかくさそう。
 せめてソックス脱いで足くらい洗ってから来てくれよ。

 またこいよー。