わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をちょっぴり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

入塾後初めての週テスト結果

 入塾後初めての週テストの結果が出てきました。
 算数は9割方取れている。
 失点は全て計算ミスによる。
 解き直しは,何だかんだ言うまでもなく,間違っている,ということさえ分かれば正解にたどり着ける。
 よかこたー。
 計算ミスは良くないものだろうけど,理解ができない,ということよりはこっちの気が全然楽。
 本人的にも,解き直しの苦痛が軽く,算数きらい意識が生じにくくなる。

 ここで教訓。
 やっぱ,スモールステップ,スモールアップは大事なんだろうけど,より多くの,より難しい問題にも取り組んで,問題慣れして,自分の中で定着するまでの時間を置くのが最善なんじゃないか。
 春休みに単元を先取りしてやっておいてあり,その後も単元を超えて基礎から応用まで問題を解き続けてきたからこそ,時間も早くなったし,解けない問題もなくなったのだと感じます。

 1年前の,3年生初期の問題を見てみれば,全然簡単じゃーんと思うというのに似ているでしょうか。
 しかし,ちょっと違うのは,4年生からの算数の問題は,時間が経てば自然に解けるようになるというものではないということです。
 中学受験の算数の問題は非常に特殊で,中学入試をやっていた子でも,中一の夏休みになれば,半年前にえらい難問を解いていたはずなのに,ほとんど解けなくなっているもんですもんね。
 なので,先取りして定着の深度を深めるだけではだめで,頻回な反復が不可欠だと思います。
 で,基礎的な問題を軽視してはならないけれども,基本問題ばかりをやっていれば良いというものではなく,応用問題にはきちんと触れさせ,奇問の類いや,これはあとで習う単元によって理解不足が当然のように補強されるだろうと思われる問題を除き,応用問題であっても,理解が定着するまで反復してもらうのがよいと思っています。
 わたくしは,紙片に,予シリとかその関連問題集にP51②とか,解くべき問題を5つ書いたものを挟んだものを用意して置いておき,それを1日3枚見当,合計15問を解いてもらうようにしています。平日は塾もあるし,なかなか難しいですけど,その分は土日のどっちか時間があるときに解きだめ(?)することとして。
 この,1日15問というのは結構多いです。
 多いですけど,意外とできちゃう分量です。だって,今の段階で難しいと思われる問題だって,そんなに繰り返さなくても,1問2分か3分もあれば解けるようになるもんですから,15問なんか,30分から45分もあれば終わる。これで算数力一気にあがってんから,時間と折り合いを付けて続けていかなくちゃ。
 で,なかなか理解ができない問題というのは,子供によって異なるので,応用問題ばかりが必ずしも強敵になるわけではありません。一発でできた問題でも,大事な問題はもう一回やってもらうこともあるし,初見でできなかった問題は時間を置いて何回か理解を確認していくことになります。
 ぽーやんは正直なので,これ,答えの数は覚えちゃってるけど考え方が分からない,とゆうてきよります。
 えらいやっちゃ。
 わたくしが他のことをしていても,あの,こんな感じの問題,と聞けば,ぽーやんがつまずいている問題が分かりますので(わし,えらい!),それはあれやん?カレンダーの数字やねんから,どっかの数を基準にして,和差算したらええやん?とか,いちばん小さい数を□にして全部の数を□を使って表してみてもええやん?どっちのやり方も,考え方は一緒やけど,などと言えば,合点してくれます。

 この調子でやっていこー!

 あ,国語の方は・・・見たくありません,言いたくありません・・・まだ国語の問題の形式に慣れていない(だけ)なのだと思いたい・・