わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をちょっぴり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

言葉のお勉強

 言葉は,難しい。
 小説などを読むいわゆる狭義の読書ではなく,漫画でも教科書でも何でも活字に触れた量にものをいわせるのが王道なのではあろう。

 しかし,時間に余裕のない中学受験生のこと,横道ならぬ近道をゆかねばならぬ。それが結果的にも回り道でないのなら,そうするほか選択肢はない。

 では,どうすれば言葉を習得できるのか。
 塾でも,言葉の習得を大切な事項として考えてくれているようであり,高速基礎マスターというもので,その名の通り高速でマスターさせようとしてくれている。
 ありがたや。

 また,言葉の教材もたくさんある。
 たいてい,言葉とその意味がばらばらに書いてあって記号で結びつけていき,下段で文章中に言葉を書き込んでいく,というものが多い。

 ただ,言葉というものは,字面だけで習得するのは難しいきらいがあることは否めない。

 また,理社の用語は,多いとはいっても高が知れているし,筑紫平野を忘れても越後山脈には影響しないが,言葉は,膨大な数に上り,きちんとニュアンスをとらえられていない言葉が複数になると文章全体が読み取れなくなり,読解問題を解くどころの話ではなくなってしまう。

 よっしゃ,ここは優秀助演俳優賞候補である親のしゃしゃり出る場面だろう。

 例えば,もどかしい。
 あらん限りの,悔しそうな,イライラしたような,要するにもどかしげな表情をし,両手でグラウンドでしきりにアピールしている様を演じ,
 あー,もどかしい。こっちフリーやん,なんでそんなとこでボールキープしてんねん,はよこっち出せや,スペース見ろや。あー,全然周り見えてへん。ヘイヘイ,呼んでるのに聞こえてへん。あー,もどかしいわ。こっちにパス出せよ。わー,もどかしっ!
 今ので分かる?分からへん?あー,もどかしいわ。こんな大事な言葉,はよ覚えてくれよ。もう,全然覚えてくれへんし,もどかしいわ。わしが受験生代わってやりたいわ。あー,もう,もどかしいなぁ,はよ覚えてくれよー。もどかし死にさせる気か。
 なんか分かった気がする?そりゃ良かった。今の表情,もどかしそうやったやろ?もどかしげな表情やったよな。もどかしげやわー,ってお前も思ったやろ?こいつもどかしげやわーって。

 あと,ちょっと似てるで。いてもたってもいられない。
 表情はそのまま,いすにそわそわ。立ったり座ったり。
 あー,ぽーやん,今頃試験受けてるんやなぁ。昨日やった問題でてるかなぁ。計算間違いしてへんか心配やなぁ。海流の漢字,昨日間違ってたしなぁ。うわー,もー,気になって気になって,落ち着かへんわ。もう,いても立ってもいられへんわ。もう,座ってても立ってても落ち着かへん。いても立ってもいられへん。いてもたってもいられないわけですよ,ボクは。いまころ社会の試験が始まった頃やな。あかん。もういても立ってもいられへん。試験会場まで行ったろ。おーい,ぽーやん,対馬海流は島じゃなくて馬やでーゆうて叫んでこよ。怒られるかなぁ。怒られるやろなぁ。でもしかたない。このまま家で待ってるのは無理や。いても立ってもいられへん。もう,わし,行ってくるわ。ほんじゃ,お前一人で勉強してろよ。ほんじゃなーーーーーっと,玄関に走って行く。

 何ともこっけいで面倒だけれども,寸劇を早口でやるだけなので,そんなには時間を要しない。
 ぽーやんも喜んでくれる。定着率も良いように思われる(思わないとやってられない・・)。

 しかし,小学生にとって難しい価値観や概念・感情に関する言葉の場合,こちらの演技力や表現力のなさが露呈することもしばしばあるのがこのやり方の難しいところ。

 ノスタルジー
 遠くを眺めているようないないような,悲しいような楽しいような,要するに懐かしい感じの顔つきをし,
 いやな,思い出しててん。去年の冬,一緒に行ったやん?わしが生まれ育った団地。ふと昔を思い出してな,懐かしくてな,ノスタルジーな気分にひたっててん。うわ,今聞こえた?昔はやってた曲でな,わしも好きやってん。カセットテープに入れてな,女の子に渡したりしたこともあったんやわ。あー。懐かしいわぁ。なんか,懐かしー。ノスタルジックな気分になってきたわ。ん?分からへん?こないだ駄菓子屋行ったら,昔からあるヨーグルトラムネっちゅうんかな,あれあってな,買うてな,食ってん。なんか懐かしい味してなー。ノスタルジックな気持ちになってな,ノスタルジーにひたってひたってゆう感じになってな,そしたらもう,何か昔をどっちかというと良い意味で懐かしんでいる,自分の中の世界,ノスタルジーの世界から出てこれへんようになってやで,それでわし,こんな懐かしいものを思い出すような目つきになってしもてな。ノスタルジー顔やな。え,分からん?
 お前は小さいから,ノスタルジーにひたるだけの思い出やらはないねん。前のこと思い出しても,ああ,ああ,あったあった,そんなこと,ゆう感じやろ?大人の思い出はな,その種類によっても違うけどな,時間がたってるやろ?時間が思い出を,なんかちょっと普通の思い出じゃなく,自分の特別な感情と一緒になって,いや,特別な感情に変わっていくっちゅう感じかな,じっくりと熟成,何か,深みが出てくるような時間の置き方ゆうんかな,そういう期間をおいてな,ノスタルジーな気分というものを獲得するわけや。大人の特権や。昔のことを懐かしんでな,あー,なんか,しんみりした気持ちになってな。遠いけどな,距離とか時間とかがな,遠いけどな,遠いからこそな,懐かしくなってな。あ,また今度行ってみよかな,自分の生まれ育ったあのまちへ,みたいな感傷的,えー,感動しやすい気分に捕まっちゃうわけよ。お前,小学校でこの家思い出して涙でるか?全くでえへんやろ。校歌思い出して泣けてくるか?泣けてこおへんやろ?でもな,何十年もたつとな,何か,しんみり,しみじみ,懐かしいなぁ,あー,校歌歌うと,何か,懐かしくて,いろんなことが思い出されてきて,悲しいわけじゃないのに泣けてきて,なんかふっと笑けてもきたりして,昔に帰りたいとは思わへんけど,いや,やっぱりちょっと昔に戻ってみたい気もするなぁ,しみじみ。ぼんやり。こんな顔して昔を懐かしむこともあるんや。ノスタルジー。自分の思い出がなくてもな,そういう感覚を共有することもできる。こないだ行ったやろ、神戸。古い明治時代からある洋館,西洋風の建物,行ったやん?うわー,この建物,ノスタルジックな雰囲気,ノスタルジックな感じ,醸し出しとるなー,にじみ出てるなー,じんわりそんな感じを出してるなー,ノスタルジックな雰囲気醸し出してるなー,思うねん。分からへん?
 うー,うー。ノスタルジー。懐古。郷愁。分かったかこのやろー!

 と,失敗することもあります。
 でも,何回かやれば,そのうち演技もうまくなり,きちんとニュアンスを掴んでくれることになると信じています。

 それまでは,とてももどかしい気持ちで一杯です。