わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

サイコロ転がし問題必殺対策

 先週の週テストは,国語が過去最高になり,えがったえがった。
 最近国語に偏った勉強をしていたので,その成果が早速あらわれたのかと,少し今後にも期待が。
 反面,算数はちょっと下がりましたが,まぁ,許容範囲です。難しいもんね,立方体。平均点もいつも低い(週テスト過去問の中では最低得点回)。

 さて,
 解き直しをしていて,サイコロの向きを(併せて)考える問題の解説が,全然分からん。
 で,ぽーやん,怒り出して,こんなの見ても何にもわかんないじゃん,とえらく不機嫌。

 これは,解き方が二つある。
 一つ目は,正方形の中にちょっと小さい正方形をかいて,その中に上から見える面を書き,上下左右に,その方向から見える面の数を書く。書いていない数字は地面にくっついている部分。
 それで,それを右に転がしたら,左側の数字が真ん中に来て,真ん中の数字は右側に来て,という風に新しい小さい正方形を真ん中に入れた正方形をどんどん書いていく。で,上の面と左の面が分かっているときには,そうなるように転がしていけば良い。面倒くさいけど,必ず正解にたどり着く。サイコロを転がす問題への汎用性も高いし,正三角柱の転がしにもすぐに転用できる。
 ぷんぷんして教えてやる暇がなかったが,これは,今日帰ったら教えてやろう。

 もう一つが,立体感覚を磨くというもの。これは,日常的にサイコロを手中でころころ転がすという,丁半なやり方で,感覚に頼る分,あやふやではあるが,素早く解くことができる場合もある。
 ということで,立方体の積み木を取り出してきて,サイコロの目をかき,ほぃ,ころころしてごらんよ,と手渡す。手のひらの中に解答が出現するのだから,文句も言うまい。

 ぽーやん,ああ,分かった,分かった,と言いはする。
 しかし,これを頭の中でやるのは無理だという。ぷんすかぷんすか,不機嫌はなおらない。

 っと,ひらめいた模様。
 別に立方体ではなくても,直方体であっても,サイコロ様のものは作ることができる。
 直方体は筆箱にいつも入っている。
 しかも,鉛筆で1つから6つの穴をあけてくれと言わんばかりの白さでもある。
 さらに,問題を隅から隅まで読んでも,消しゴムを転がして解いてはいけないとは書いていない。

 サッカー少年に聞いたところ,消しゴムを定規で切って立方体を作っていた子もいるようでしたが,一々立方体を作らなくとも,直方体でも十分用に足りる。

 ということで即席サイコロ転がし問題対策印付き消しゴムを作成し,これで大丈夫だと悦に入るぽーやん。
 次回の組分けテストには忘れずにもっていくらしいです。

 使うときには,堂々と使えやー。