わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

成績MAX

 ぽーやん,今回の週テストのできが一番良かった。
 点数では今回を上回る回もあったし,偏差値もAコースでは今回より良かった回もあるけど,Bコースでの偏差値は今回が最高。 
 
 まだ週テスト6回目なので,そりゃ,MAXな現象は現れて当たり前だし,今後も訪れるでしょうが,ま,上がっていくのを見るのは素直にうれしい。MAXは今後どんどん減っていくことになるわけで,一々はしゃいでおかないと損損。
 国語も取れるようになって来ているのではないかと思うと,それもうれしい。しかし,国語力の向上は,実感としてあるわけではなく,長期的なそれはもちろん,短期的な伸びしろはまだまだあるように思うので,そこをなんとかしたいところ。
 
 自分の名前を見つけたぽーやん,おれ天才じゃんと嘯き,お友達の名前を探して,コイツおれよりバカじゃんとか,品のないはしゃぎ方をしていました。ま,この子ら,一緒に勉強していても,バカじゃんとかあほやんとか天才じゃんとかお互い連呼し合っていますから,そういうもんなんでしょ。要するに,語彙がない。

 今回は2教科とも百点満点の子もいるねんでー。
 ぽーやん,お前かて算数,100点取れてもええんちゃうんか,と言いましたら,
 いや,おれは80点(台の意味だろう)の男だし,という。90点以上やったときもあるやんかと言いましたら,いや,基本80点の男だし,という。
 ほんなら,国語かて80点とれやと言いましたら,国語は70点の男だし,という。

 都合の良い奴だ。
 今週末は組分けテストだが,わたくしは今週は週後半からは面倒見れぬ。
 今日は夜サッカー少年がやってきて一緒に対策特訓(と言ってもそんなに時間ないけど)をやることになってます。

 ま,直前やし,理社と,算数をやろ。
 算数は,わし,こんなんでるんちゃうかなぁーという予想があんねん。
 サイコロ転がしてここまで行ったらどうなってますか,という小問1があって,その答えが,もとのままなわけ。
 そんで,小問2は,ずずずいーっと遠くまで行ったときのサイコロの状態が聞かれる。
 全部一々ころころしていくのではなくて,そこはほれ,周期算の単元が入ってるので,広い意味でのその考え方が絡んでくるわけよ。
 小問1を利用して,そういう経路で1回行くと,同じことになるということを利用して,それを3回ほど繰り返して目標に接近し,で,そこからころりんころりんと2回ほど転がして答えを出すということになる,みたいなやつ。
 全統でもサイコロ転がし出てたからもう出ないかもしれんけど,周期算の考えを活かして,楽にするという発想を見るということで。でたらラッキーやな。そんなに配点は高くなさそうやけど。
 あとは,やっぱ,周期算の中で難しいのは日暦算やで。平日は5問,土曜は7問解いていって,何月何日何曜日に300問を終えられるか,みたいなやつ。そのうち日曜日にも解くようになったらどんだけ早くなるかとか。組分けの過去問にも類題出てたけど,少し形を変えて再度出されてもおかしくない,要習得問題です。
 しっかり順を追って考えていけよ。

 ほんじゃ,今日もがんばろー。