わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

ぽーやん,ついに満点を取る

 やっほやっほやっほっほー。
 ついにぽーやん,満点お化け(なぜか知りませんかこういう呼称になるようです)になりました。
 組分けの理科の過去問。
 わたくしが家に帰ったら,窓にどーんと貼り付けてありました(窓ですよ,窓・・・)。

 うれしかったんやなぁー。
 そりゃ,100点はうれしいよな-。

 算国じゃないとか,過去問じゃんかとか,けちは付けられましょうが,週テでなく組分けで満点はすごいすごい。

 理社はそんなに時間をかけてないのに,やっぱ,「まとめてみよう」に若干の問題をプラスしたものを口頭で埋めていくのを定期的にやっているのが効いていると見るほかないです。これ,効くんですって。絶対。

 4年生の段階で理社に時間をかけるべきではないです。
 これは譲れない。
 しかし,組分けには出るんだから,やらにゃならんわけです。
 それで折衷的に短時間で反復することとした,口頭反復法。
 これ,効きますよー。もう,絶対。
 口頭だと速い,めんどくさくない,だから頻回に反復できる。だから覚えて,忘れなくなる。だから厭わなくなる。良いサイクルが完成すれば,コイツは無敵だ。
 コツは継続すること。長女とけちんの時はうまくサイクルができず,苦手意識が付いちゃって,効率的にできなかった。

 漢字で書けなければいけないので,一つの単元に三つくらい,書いてもらいます。
 ノートに書くまでもない場合,手のひらに書いてもらう。
 そわそわーっと書いていたずらしよることもある。
 ので,なかなか覚えないもの(直近では谷津干潟)を,わたくしも,そわそわーっとぽーやんの手のひらやら背中やらに書いたりします。うっきょうっきょゆうて笑い転げます。そういうことをすると,記憶は強固になる。

 理社は反復。
 反復は時間がかかる。
 時間をかけずに反復するなら,口頭に限ります。
 間違っているか間違っていないか自分では気が付かないこともあるので,横に付いていてあげるのが望ましいですね。お子様がどれだけ分かっているのか,てきめんに分かりますよ。

 みんなも満点お化けになーあれっ!