わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

組分け対策好調

 ぽーやん,数の問題が弱い。
 このままではあかんあかん。
 数の問題は,もっともっと手強いねんから,一通りのことは今のウチに理解しておかないといけない。
 
 http://www.suguru.jp/www.monjirou.net/pdf/suuseishitsu/suuseishitsu.pdf

 いつもお世話になっております,これ。
 予習シリーズに加えて,これ,やってるんですが,反復したいものの,時間がかかることに加え,パターン化してしまって,頭で考えなくなるきらいがなきにしもあらず。

 ので,1類型に付き1日1問を解くことにし,解いたものは次に解くときに参照すべきものではないので,はさみでチョキチョキ。
 ぽーやん,一度に解く問題数も減って,やる気も削がれない。

 よし,よし,これで行こう。

 ということで,数の性質はこれでやり。

 それと,今までにやった5年上と,5年下の3分の1ほど,6年上の3つほどの必修例題,応用例題は,毎日2単元を回転させています。

 さて,今週末は組分け。
 組分け命のぽーやんは,何でこんな時にまで3.14とかちょうちょ相似とかやらなあかんのん?!的な反発を見せていますが,もちろん,現在の単元に比重を置いてはいるつもりです。

 一昨日の塾では理科の過去問をやり,96点だったと,喜んでいました。玄関のドアを開けるなり,「おれ,96点だし。天才だし」と。電流関係について,塾の先生から,5年生になったら計算で電流を出すようになるんだぞ,難しいぞと言われた,自分は出来るもんね,逆比のやつね,ギャクヒギャクヒ,と,意味が分かってるのかどうか怪しいですが,ご満悦であることは悪いことではない。約数の個数を計算で出す方法は,塾でもみんな教えてもらっちゃった,と,不満そう。そんな,小さなリードに拘泥すんな。ええねん,いろんなところで,何回も教えてもらって理解を深めていき給え。

 で,塾でもらってきた算数の週テスト過去問4回分のうち,2回分を昨日やってみました。

 約数の回と,条件整理の回。2回連続で100点を取りよりました。2回連続○○ったわけです。すごいわ,これ。なんやお前,できるやつなん?なお,私は88点とかでした。
 「計算ミスとかすんなよ,もったいない」などと,私の口調を真似て絡んできたりして,まぁ,ご満悦のご様子。

 この調子でいけばあんまり心配することはないなと思った私,今回の単元(円)に関係はするけど,直接は関係しない新たな問題類型なんぞを引っ張り出してきて演習を開始。ぽーやん,なんで今これ?とブツブツ言いながらも,2類型(円の組み合わせと面積・周囲の長さ,印の付いた角度の合計を補助線を頼りに導く問題)を終えました。
 
 金曜は塾がないので,サッカー少年が組分け対策にやってくる予定です。
 土曜の組分けのあとは,みんなでパーティーをする予定もあります。 

 みんながんばろなー。