わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

農畜産物生産高を覚えるために作ったカード

 地理のかなでも,農畜産物の県別生産高。
 これ,常識になるまできちんと頭に入れておくのが吉。

 理社の先取りには否定的なわたくしですが,農畜産については単元を終えたのだから,きっちり覚えて頂かんと。

 これはやっぱり,カードが一番。
 で,長女とけちんの時に作ったこんなカード,再びの出番。
 ごめん,ぽーやん,新しくなくて。でも,データはネットの新しいのを引いてきたから,まだまだ現役に耐えられる。
 こんなんです。
f:id:yamachanj:20191206104547j:plain

 データ・円グラフは,こちらから拝借しました。かわゆいグラフがなんともGOOD.
www.yasainavi.com


 ダイコンとかニンジンとか,5,6位まで覚える必要あるのかとも思いますが,なじみの深い農畜産物については,覚えておいて損はない(覚えきらないとしても,スルーは良くない)。
 問題文の,ある地域に関する記述の中では,細かい知識がヒントになることは意外と多いですからね。グラフの末位がヒントになることも多いし。
 例えばダイコンとニンジンは,1位と2位を覚えていたって,判別できない。
 順位だけちゃちゃっと言えれば良いというものではない。グラフは,ちゃんとよく見てくれよ。
 ダイコンとニンジン。メジャーな食材だけど,ニンジンに比べてダイコンは千葉が迫ってきとるでー。
 な。順位だけ覚えていても,グラフを見分けることはできひんこともあるでー。
 カレーの具野菜関係は北海道ぶっちぎりだから油断しがちだけど,他の県も見とけよ。あ,らっきようちゃんも忘れたるなよ。

 あと,県別生産量を覚えるときに気を付けないといけないのが,季節によって順位が入れ替わるもの。
 代表例がキャベツ。こういうのが一番聞かれますからね。
 普通に獲れる時期(春野菜やから,春がいわゆる旬やね)では圧倒的に愛知。
 春を過ぎて暑くなってくると,高原野菜の出番になり,群馬がじゃじゃじゃじゃーん,1位。

 こういうやつは,別途月別生産高を表にしてあります。

 はよ完璧に覚えてしまえー。
 で,一旦忘れてしまえってもええねんよ。
 で,また覚えろー。
 それからは,頻繁に聞いてやるから,覚えてい続けろー