わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

算数の解き方を忘れる

 ぽーやん,しばしば,「これどうやんだったっけ?」と口にします。
 算数といういものは考えるものであるからして,その発言は聞き捨てならん。
 考えるがよろし。
 と,突き放すのが普通でしょうか。
 わたくしはそうしてきました。

 ぽーやん,忘れたんだから仕方ねぇだろっ!とか開き直ってますが,
 ふん,算数をやっている時に「忘れた」とか,そういう言葉を口にすんな。けっ。

 これが算数を学ぶ時の基本的なありようである。
 と,そう考えていたんですが。

 わたくしも口走ってました。
 これ,どうやるんやったっけ?・・・

 しかもしょっちゅう。言ってました。

 わぃとお前では,音を上げるまでの数分の間に考えていることの深さが違うんじゃ,と強がってみはしますが,説得力ないです。
 ぽーやん,すまんの。
 算数でも,ひょいひょい出てきていた解き方が頭から消えちゃうと,おっとあれ,どうだったっけ?となるわな。

 もういっぺん「覚え」ればよろしい。でも,安積疏水って覚えるのとは,性質の違う「覚える」やぞ。そこんとこ,よろしく。
 単発で覚えるんじゃなくて,理屈を伴って覚えるんやぞ。
 それを人は理解というんやろう。