わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

直前期にも効きそう:youtubeのいろんな授業が面白い

 子ども達向けに,面白い授業の動画がないか,見ています。
 いろんな授業があって,面白いです(中学生向けのはあまり面白くないのが多いような気がします)。
 やっぱり,さすが教えるのうまいわぁと思うことが大変多くあります。

 定番のきょうこ先生は,やっぱり,優しい。
 分かるかなぁ・・,うん,そうっ。そうだよね。みたいな感じ。
 教材も買ってあり,時間があるときに総復習として集中してやってみたいです。

 関西方面の塾の授業も面白いです。
 UPされてるくらいだから,名物講師の先生なんだろうと思います。
 語調からして面白いです。当たり前ですけど,関西弁ですしね。イントネーションは。
 なんか,ぶっきらぼうな調子だけど(板書もくせがあって初見では判読が難しかったりする),適切な厳しさがある先生が多いように感じました。
 ぽーやんにも見せてみたら,内容が頭に入ったのか入っていないのか,先生の口調をまねして喜んでいる。
 うーん・・内容に入っていくきっかけになればそれも良いか。 
 
 難関校の入試問題解説はいろんな方がUPされていますが,灘の算数とかになると,先生によってわかりやすさに格段の差が出てくるようになる。
 総じてテンポが速いですが,板書の仕方からして全然違います。
 塾や個人指導など,プロの先生のものでない方のものにも分かりやすいのがたくさんありました。
 
 というわけで,こんな授業を受け続けていれば,難問もスーラリスラリと解けるようになるんやないか,と思わせてくれる素晴らしい授業が多くあります。
 基本的なところは映像で見るのは効率的でないようにも思いますが(まどろっこしかったり,理解がついて行かないときに一々止めなければならないとか),難しいのになると,考えに考えたすえに動画を視てみるというのは,大変ためになるのではないかと思いました。

 はやくぽーやん,そのレベルまで上がってきて,ムズ問をばっさばっさと解き進んでいく先生の授業を視てみたまえー。

 ps:直前期の皆様は,算数,こういうの見てみても良いんじゃないかと思いました。一気に算数脳,開花するかも!!
 Gラボというところ(勢いよく教えてくれます)と昭和時代の灘算数解説をしておられる最強塾というところ(大ベテランの先生で問題数も多くあります)なんかは,問題数が比較的まとまっている。最難関をというのであれば適切ではないかも知れないが,難関,というのであれば,こういうの,直前でもバシバシ響きそう。最難関直前であれば,コベツバというところ(最近の入試問題の全問解説はレベル高いのも淡々と解説してくれます)がいいかもですね。
 ばっと問題を見て,解法が浮かべば次,解法があやふやであれば解説を見ていく。不要なところを飛ばしていけば,相当数の相当広範囲な部分を,相当高度なレベルにまで結構な短時間で一気に回せる。気合いが入り,集中力がマックスである直前期の皆さんにこそふさわしいんじゃないかと思いました。
 みんな,がんばれー