わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

春期講習はお休みしています

 春期講習はお休みしています。
 周囲には休塾する方はあまりいません。
 春休みで学校もない中,子どもに勝手にドリルなどをさせておくのでは心許ないでしょうしね。
  
 しかし私は,もはや子ども自身の健康だけを考えて良い状況ではないと思っています。
 春季講習に行くというのは,私の選択肢としては完全にない。
 東京に行くこと自体よせと言われているのに,その東京の3ミツに行くというのは。

 ところで,中学受験なんて言っている場合ではないという論調も見ますが,それは違いますね。
 こういう時こそ,子どもの将来・未来を考えるものですよね。

 さて,というわけで通塾はしないとしても,そのこととお勉強をしないということとは全くイコールではありません。

 ぽーやん,もう,「つらいつらい」「おれこれきらい」といいながら,速さと比なんぞの単元を深化させていっています。速さの単元は多いですし,1問1問がヘビーなので,大変です。
 平面図形などを挟むと,やっと人心地がついたわ,みたいな顔になります。場合の数なんかも,考え方が簡単とか難しいというのではなく,シャカシャカ解けるという意味で救済単元的な位置付けになっています。
 いろんな単元の,いったんバツが付いた問題も再度やってもらっているのですが,2度目,3度目もおぼつかないものが少なくなく,このページはクリアしました,の丸印がつけられず,ヤキモキしたりしています。すんなり解けるようになっていたりすると,確実に力が付いている証拠だと,うれしく感じます。
 算数は,コベツバ先生にお世話になりました。5年生,6年生を受講しましたが,えらいスピードと質で進んでいきました。やっぱすごいわ。
 トップガン特訓には手が出せませんでしたが,今後もweb授業とトップガン特訓は続けたいと思っています。
 図形魔法技は終えられそうです。きょうこ先生のはじめましても終えようと思えば終えられそうです。速ワザはえらい部数をコピーしてスタンバっていましたが,手を付けるのは難しそうです。予習シリーズを回し切ってしまう方が先決だとの思いもあります。いや,いろいろ並行していく方が飽きも来ないかな・・

 漢字も一通りは終えましたので,あとは繰り返して定着していきたいと思います。
 「まだ習ってない」という言い訳ができない状態になってからの穴埋め作業からが実践的な漢字のお勉強になるのでしょう。
 読解は1日軽いのを3つ4つ5つ。

 理社は復習は4年上までさかのぼって定期的にやっていますが,少し先取りも少しやりたいと思っています。
 てんびんとばねについては,奥行きのあるてんびんとか,そういうのもやろうと,用意しています。
 理社に注力すれば相当進むんでしょうけど,やっぱり算数に力を割きたい。地理くらいは終えようかな。
 なんでも,すでに終えている,ということになれば,復習範囲を気にする必要がなくなって楽で効率的ですもんね。
 
 あとは春期講習のテキストを家でやれば,さすがにみんなに後れを取ることはないと思います。

 朝はマクド通いをやめてヨメハンと散歩に行くようになり,夕方には家の前でバスケやなんかなどで軽く運動をしています。お友達が通りがかったりして一緒に遊んだりもしています。

 4月から学校が再開するのか。
 もう,1日1日状況が変わっていきますが,増加のペースが一定程度に抑えられたまま終息する日を待つほかありません。
 ただ,じっとして,待つほかありません。