わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

だんだん漢字が書けるようになってきた

 ぽーやん、漢字の要を一通り回すことができました。

 一通りではありますが、書けなかった漢字の上にバツを付け、また書けなければもう一つバツを付け、書ければバツを〇に変え、バツが全部〇になったらクリア、という方式でやりましたので、一応全部覚えた、ということになります。
 最後まで残ったのはなぜか「袋」でした。

 最後の方には小学校で習わない漢字というのもあって、しかし、書けておいた方が良い漢字ばかりであり、これも頑張ってクリアしました。

 結構な時間をかけたことになりますが、漢字は一応とんちんかんレベルからは脱しつつあるように思います。

 成長していると感じるのは、熟語について、ちゃんとした理解の上に立って書いていると感じられるようになりつつあることです。
 例えば予習という熟語を例にとると、昔は余習とか、夜習とか、そういう感じだったのが、「予めー、習うっと。」などと言いながら、予習と書くわけです。
 職に、就くと言いながら就職と書く。
 漢字学習は、語彙力を高めてくれたと実感しています。
 それとともに、それだけが理由ではないでしょうけれども、国語の成績も(昔より)安定してきたように思います。
 もちろん読解も記述もまーだまだですが、若干はよくなりつつある。

 やっぱ、漢字は語彙、語彙は言葉。
 そうなんだなぁと改めて思います。

 あとは継続あるのみ。