わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

週テスト5年下第4回

 前回算数が100点だったのに4科で300点に乗せられず、勇んで挑んだ第4回。

 結果は、今回も算理社は偏差値60を超えているのに国語のヤローがまたもや偏差値40台となって足を引っ張り、4科で300点ならずということに。
 
 しかし、算数は満点で、2回連続満点というのは、これは、すごいことだと思います(過去問と同一の問題がそのまま出ているということを措いても)。

 理社も、新単元が続く時期だからそれなりに毎週時間を食うけど、まぁ、それなりの理解に至っていることは間違いない。

 週報の左側という良くでき君のための列に2週連続でちゃっかり載せてもらうというのは、本当にたいしたもんです。
 ぽーやんの言動を見ていると、あれま,こんな子がねぇ、と思います。

 しかししかし、それにしても国語。
 
 答え、そこに書いてあるやん。
 日本語で書いてあるやん。

 うーん、国語が人並みになれば、ずいぶん楽になるのになぁ・・・