わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

同じ問題問題

 いくつかの塾で、同じ問題問題が頻発しているようですね。

 学校別テスト、カリキュラムテスト、週テストなど。
 算数ばかりでなく、国語まで・・・
 過去の問題と全部同じだったり、一部同じだったり、問題集の問題と同じだったり。

 ぽーやんも、前回の週テストの算数のよりによって最後の大問(通常であればこれが解けるか、と挑むべきもの)が過去の問題と全く同じ(数字も同じ)で、お友達の中には、これ答え覚えてるわ、と2秒で終えてしまった子もいるとか言っていました。

 うーん、これには賛否両論あるんですかね。否定的に見るしかないように思いますけど。
 模試というのはそれを受ける層に合った、典型問題から視点をちょっと変えた初見問題までできるだけ幅広い問題に触れる機会にしたい、そこでの立ち位置も見たい、と思うものなのが普通なのではないでしょうか。

 問題を作る能力(余裕)がなかったんでしょうか・・・
 いやいやいや、模試をやるんなら作らないと。
 問題を作れなかったのなら模試を延期なり中止なりしないと。

 週テストだって、習熟度を見て弱点を洗い出すためのテストだと言っても、範囲の限定された模試であることに変わりはなく、過去問は販売もされているし塾で配布されることもあるし、あるいは友人からお下がりをもらうこともあるわけで、いやー、同じ問題出すとかって、ないわ。
 時勢を考えても、突発的な事情ということでもないでしょう。テストは毎年決まった時期にあるわけで、相当前から予定されているものだろうし。
 複数回にわたってこういう現象が続くと、勉強方法にも良くない影響が出てくる可能性があるんではないかなぁ。
 
 どうしてもあれだったとしても、せめて数値替え問題くらい用意してほしかったです・・。