わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

算数

算数に関するものです。

第1回合不合素点

6年生の模試は、立ち位置を知ることと弱点を洗い出すことに主たる目的があると言われるようですが、弱点なんぞ、テスト受けなくたってすでに明らかになっています。というか、弱点だらけなわけで。そうでない受験生がこの時期おられるのでしょうか。おられ…

ぽーやん敗れる

先日一緒にお勉強した中北欧風美少年(サピ)とNN麻布模試の成績を披露しあったところ、 ぽーやん、算数と理科ではリードしたものの、国語と社会で大差をつけられ、総合点で敗北したとのこと。 少し悔しかったと見えて、 「いいんだよ、合格すれば」とか、…

NNへのお誘い

早稲アカの先生からお電話をいただき、NNにお誘いいただいたようです(ヨメハン談)。 NNオープンの結果をきちんと見てくださっていたようであり、 「算数はとてもよくできています。」 「国語は読み切れていない部分もあったようですが、何とかひねり出…

NN麻布オープン模試第1回

ぽーやん、春休みを挟んでの、久しぶりのテスト。 しかも、麻布系(要するに、サクサク解けない問題で固められているであろう系)。 学校別対策というのはまだしていないので、理社など特に面食らうだろうなと思いましたが、行って来い、今のお前にはきつい…

お友達と合不合過去問

春休みに北欧系美少年(あくまで個人的な観察の視点から)と、一緒にお勉強、やりました。 少し前まで白くてか弱げだったのに、背も高くなり、ちょっと声変わりも始まり、「おっさんになってきたなぁ」というと、うれしそうでした。 挨拶のように、ぽーやん…

春期特訓概括

お久しぶりです。 ぽーやん、昨日まで(私的)春期特訓、がんばってやりました。 国語 予シリを再度やったり(いい具合の忘れ加減でした)、入試問題をやってみたり。 言葉・漢字はきちんと継続。 算数 予シリ、速ワザ、コベツバ。 予シリなどはぽーやんの方…

週テスト6年上第6回

ぽーやん、算数でけた算数でけたと上機嫌でおうちに凱旋。 たしかによくでき。 しかし、国語と理科、さらには社会にもうっかりミス(もう、うっかりとかひょっこりとか言ってはいられないのだけれど)がとても多く見られます。 抜き出し一つとっても、「がん…

ぽーやん復活宣言に向けて

低調なぽーやん。 春期講習は行かないで、より厳しい春期特別特訓を実施する予定です。 10日間くらいはできるかな。。 最大の課題は国語である 読解力・表現力はすべての基礎である。これを高めることが急務である。予シリ5年上下(まず上から)を10回…

ぽーやん、嘘を重ねる

昨日、やっとけよーっと言っておいた算数のプリント、11枚中2枚しかしとらん。。 ママちゃんが帰宅した時には、こそこそとiPadを見ていたらしい。 ママちゃん、家族会議を開く宣言。 まず、深海魚生活を続ける長女とけちんに喝を入れて(もうこれは枕…

サッカー少年と組分け対策

先週、サッカー少年、久しぶりにやってきてくれました。 最近は毎日のように塾に行ってがんばっているそうです。 組分けテストに向けて算数を教えて欲しいとのことでしたので、まぁ、過去問をやるとして、それ以外に基本的であろうけれども習得していない可…

組分けテスト6年生第1回

組分けを終えてドアをけ破るかのような勢いで帰宅したSWAT様ぽーやん。 「しくった、算数最後、ベンツ切り、最初の(1)でしくったからあとの計算も全部違う。今回は満点行けた。」とまくしたてた後、腹減った腹減ったと騒ぎ出しました。 なにかにつけ…

開成コースの取り組み方に悩む

開成コース、先日4回目がありました。 社会は、社会科とは何ぞやというありがたいお話から入っていくというもののよう。 理科は普通のクラスとそんなに変わらないのかな。 国語。 予シリとは違うプリントで記述の多い問題をやってきています。 ただ、解説が…

週テスト6年上第4回

いろいろとコンディション良くなかった今回の週テスト。 単元的にも、うーん・・・バシッと合わせられない、時間切れにもなる、という単元。 算数。 場合の数はまだものにし切れていません。 今回の週テスト、特に難しくなかったと思います。 そんなに複雑な…

やっぱ活躍、週テスト問題集

演習量を確保するには週テスト過去問。 時間が決まっているからだらだらも防げるし。 しかも、暗記科目には効果絶大。 うちは(6年上は)なぜか3年分もあるので、3回もできます。 算数。 広範には手ごわい問題が散見されます。 予シリや演習問題集とは毛…

覚えるそばから忘れていく

なんとか曲線。 いずれにせよ、人は忘れていく生き物である。 平均的な人は一定のカーブを描いて忘れていくので、それに合わせたタイミングで覚え直すのが効率的なんだそうな。 ぽーやんも、どんどこどんどこ忘れていきます。 五箇山が上じゃ。白川郷が下じ…

教材をいただきました

今年見事に麻布に合格したお友達が、たくさんの教材をくれました。 学校別予習シリーズ 麻布への~や学校別テストなど、よそで買おうと思っても買うことのできない貴重なものです。 感謝、深謝、謝謝。 合格者の使用品。未使用品にはないありがたみがありま…

週テスト6年上第3回

予シリ、6年に入って大変ですね。 理社は新単元が続きますし、算数だって新たにやることは少ないわけでは全くない。 規則性のある小数の分数変換、空き瓶問題、3条件の整理、N進法(にせ、ゼロなし)、正六角形関係、ベンツ切り、〇秒後の世界、〇が必ず…

専用勉強部屋での1日

そうですの。 借りましたの。 勉強部屋。 先日の休日、丸1日やろうぜって、やりました。 プチ合宿です。どんだけできるか、やってみようぜ、みたいな。 朝マクドに行って気合を入れ(ぽーやんはマクドに行くならすぐに起床する)、昼食はおにぎり、夕食はお…

情け中ための人ならず

おっさんおっさん、ぽーやんくん。 今回の週テスト、どないなっとんねん。 シール集めやらN進法なんぞ瞬殺してこいや。少しくらいひねられたからっていきなりこけんな。 計算なんぞでしくったりもすんな。 四谷の計算問題集の難易度が週テスト(や入試レベ…

週間スケジュールを見直す

ぽーやんの週間スケジュールを見直しました。 5年生までの、通常の通塾がある日程とも違う。 週テストの開始時間が早まり、土曜日に対策できる時間的余裕も少なくなる。 日曜日に午後いっぱい開成コースがあり、これはこれは大きな時間を使う。 わたくしの…

解き直し必殺強制法

時間のない中、ムズ問の波状攻撃を受けて、解き直しに手が回らないわたくしども。 いろいろ考えた挙句、やはり以前やっていた方法に回帰することにしました。 解き直しノートを作る器用さがないので、「クリアファイル方式」(なんか出願中)を再度採用しよ…

日暦算はもっと速くできる

日暦算。 いろんなパターンがあると思いますが、基本的なのは、(うるう年でない)1月1日が金曜日のときその年の11月3日は何曜日?というやつ。 これ、まずは、1月1日から11月3日までの日数を数える。 31+28+31+30+31+30+31+31+3…

解き直しが進まない・・・

解き直しこそが実力アップに不可欠ですよね。 算数はもちろんですし、理社だってそう。国語もそうなんじゃないかな。 分かってます、分かってます。 間違った問題はちゃんと記録し、複数回解けるまでやり直していました。 予習シリーズなどの該当部分にバツ…

まじで時間ない

どう考えても時間、ないじゃないですか。 週テストの進行に合わせていくのはそれでよいとして、それだけでもすごく大変。 予習シリーズ4科目。 演習問題集4科目。 応用演習問題集4科目。 週テスト過去問数回分。 週テスト直し。 間違った問題をできるまで…

算数スランプ中

ぽーやん、(自称)算数男子ですが、ここのところ、調子よくありません。 開成同日模試の結果も散々でした。 簡単な問題も解けなくなっている。 計算ミスが異常に多い。 2問に1問は計算ミスをしているのではないかと思われる程です。 平易な立体の体積を、…

開成同日体験模試の結果(算数男子算数偏差値30台)

去る2月1日に開催された、1年後に解ければすごいというレベルの問題に無謀にも挑む無謀な企画、同日体験模試。 ぽーやん、「できたくさい」と言っていましたが、「うそくさい」と思っていました。 ほらみたことか。 算数偏差値30台。 しょっぱななから…

開成の算数は今年は簡単だった?

1日に開成同日体験模試を解いてきたぽーやんの解き直しをする準備として、解いてみました、開成算数2021。 試験を簡単だったの難しかったのいうのが、続いている入試に響いてはいけませんでしょうから、終わったタイミングで。 (例年に比べると圧倒的…

開成同日体験模試

6年生の皆さんが真剣勝負を終えて数時間後、ぽーやんの新6年生の最初のイベントが始まりました。 開成同日体験模試。 だから、そりゃ解けないだろうと。 今まで通っていた校舎とは別の校舎に遠征。 お友達も7、8人も受けに来ていたとのことで、みんなすご…

開成同日体験受験に向けて

せっかくなので、やってみました。 開成の去年の国語。 あれま、意外と文章短いんですね。 記述も、そんなに長いわけではない。 しかし、ぽーやん、やっぱ、書けない。 「女子のことなんか知らねぇよ。みんな仲よくすりゃいいじゃんかよ。」ですと。 そんな…

よく考えたら、良くやっている

5年生の後半は怒涛の新単元の連続でした。 長女の時に知ったつもりになっていましたけど、何度やっても、きついきつい。 こういうのをやってきた子どもたちは、すごいなぁ。 算数は、比。これだけでも大変なはずです。 これを、相当程度に使いこなして図形…