わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

週テスト6年上第4回

いろいろとコンディション良くなかった今回の週テスト。 単元的にも、うーん・・・バシッと合わせられない、時間切れにもなる、という単元。 算数。 場合の数はまだものにし切れていません。 今回の週テスト、特に難しくなかったと思います。 そんなに複雑な…

やっぱ活躍、週テスト問題集

演習量を確保するには週テスト過去問。 時間が決まっているからだらだらも防げるし。 しかも、暗記科目には効果絶大。 うちは(6年上は)なぜか3年分もあるので、3回もできます。 算数。 広範には手ごわい問題が散見されます。 予シリや演習問題集とは毛…

場合の数がやばい

上から読んでも下から読んでも、場合の数がやばい(あれ、ちょっと違う)。 4年生の時から、樹形図を書くことを厭い、樹液算とか好きくないしと言い切っていたぽーやん。 そうも言っていられないんですいよ。 場合の数、数の性質。算数なんだから、「数」よ…

覚えるそばから忘れていく

なんとか曲線。 いずれにせよ、人は忘れていく生き物である。 平均的な人は一定のカーブを描いて忘れていくので、それに合わせたタイミングで覚え直すのが効率的なんだそうな。 ぽーやんも、どんどこどんどこ忘れていきます。 五箇山が上じゃ。白川郷が下じ…

教材をいただきました

今年見事に麻布に合格したお友達が、たくさんの教材をくれました。 学校別予習シリーズ 麻布への~や学校別テストなど、よそで買おうと思っても買うことのできない貴重なものです。 感謝、深謝、謝謝。 合格者の使用品。未使用品にはないありがたみがありま…

週テスト6年上第3回

予シリ、6年に入って大変ですね。 理社は新単元が続きますし、算数だって新たにやることは少ないわけでは全くない。 規則性のある小数の分数変換、空き瓶問題、3条件の整理、N進法(にせ、ゼロなし)、正六角形関係、ベンツ切り、〇秒後の世界、〇が必ず…

ママ友にわらわれる

ママ友たちの間では〇〇なやつであるとの認識が共有されているおいら。 ことあるごとにいじ(め)られます。 (とけちんと同級生の)ママ友。 「ぶっちゃけ、〇っくんって、いろいろあれじゃん?やることおかしいじゃん?でも、ブログ読んでるとたまにまとも…

専用勉強部屋での1日

そうですの。 借りましたの。 勉強部屋。 先日の休日、丸1日やろうぜって、やりました。 プチ合宿です。どんだけできるか、やってみようぜ、みたいな。 朝マクドに行って気合を入れ(ぽーやんはマクドに行くならすぐに起床する)、昼食はおにぎり、夕食はお…

勉強部屋を借りる

リビング学習、これ、良いんですが、気が散るのを加速させるきらいがないではないです。 せっかく時間をはかって問題を解いて、時間内にできたわ、こりゃはかどるかなと思っても、 1問ごとにお茶でも飲むわとか腹減ったとか言って台所に行き、ママちゃんに…

情け中ための人ならず

おっさんおっさん、ぽーやんくん。 今回の週テスト、どないなっとんねん。 シール集めやらN進法なんぞ瞬殺してこいや。少しくらいひねられたからっていきなりこけんな。 計算なんぞでしくったりもすんな。 四谷の計算問題集の難易度が週テスト(や入試レベ…

週間スケジュールを見直す

ぽーやんの週間スケジュールを見直しました。 5年生までの、通常の通塾がある日程とも違う。 週テストの開始時間が早まり、土曜日に対策できる時間的余裕も少なくなる。 日曜日に午後いっぱい開成コースがあり、これはこれは大きな時間を使う。 わたくしの…

なんでブログ書いてんのやろ・・・

ブログとか、なんで書いてんのやろ。。。 もう3年を超えました。 長女の時に必死こきすぎて、勢い余って始めたというのが始まりです。 何かしてないと落ち着かなかった、といったところです。 お金がかかる、なんとか「pro」というタイプにまでしました。 …

解き直し必殺強制法

時間のない中、ムズ問の波状攻撃を受けて、解き直しに手が回らないわたくしども。 いろいろ考えた挙句、やはり以前やっていた方法に回帰することにしました。 解き直しノートを作る器用さがないので、「クリアファイル方式」(なんか出願中)を再度採用しよ…

日暦算はもっと速くできる

日暦算。 いろんなパターンがあると思いますが、基本的なのは、(うるう年でない)1月1日が金曜日のときその年の11月3日は何曜日?というやつ。 これ、まずは、1月1日から11月3日までの日数を数える。 31+28+31+30+31+30+31+31+3…

解き直しが進まない・・・

解き直しこそが実力アップに不可欠ですよね。 算数はもちろんですし、理社だってそう。国語もそうなんじゃないかな。 分かってます、分かってます。 間違った問題はちゃんと記録し、複数回解けるまでやり直していました。 予習シリーズなどの該当部分にバツ…

まじで時間ない

どう考えても時間、ないじゃないですか。 週テストの進行に合わせていくのはそれでよいとして、それだけでもすごく大変。 予習シリーズ4科目。 演習問題集4科目。 応用演習問題集4科目。 週テスト過去問数回分。 週テスト直し。 間違った問題をできるまで…

週テスト6年上第1回と前期開成コース

新6年生一発目、景気よく行きたかったのですが。。 今回は国語の偏差値が20台。 理科も滑車、きちんとできていたのに、あれま、50を切ってる。 バリバリのスランプですかね。 スランプ中の算数にミスがなく、4科目合わせると人並みの偏差値に落ち着か…

理社の暗記は予シリで

暗記用まとめ教材としてはいろんなものがありますよね。 まぁ、何でもいいんですが、わたくしは、一般に高く評価されているコアプラスではなく、予習シリーズ演習問題集「まとめてみよう」を推奨いたします。 おっほん。それでうちのあんぽんたんでも理社は…

公民だって怖くない

ぽーやん、怖気付いています。公民に。 まぁ、憲法の前文でも読んでリラックスせいや。 え?よけい心配になってきた? じゃぁ、条文読んだらええやん。 条文?ああ、その第何条とか書いてあるやつやん。 13条辺り読んでみたら。 え?ますます心配の度が増…

算数スランプ中

ぽーやん、(自称)算数男子ですが、ここのところ、調子よくありません。 開成同日模試の結果も散々でした。 簡単な問題も解けなくなっている。 計算ミスが異常に多い。 2問に1問は計算ミスをしているのではないかと思われる程です。 平易な立体の体積を、…

新6年生、塾をやめる

ぽーやん、この時期に足りないのは圧倒的な演習量。 これをカバーするには、平日2日・土日と通塾している余裕はありません。 インプットはほぼ終えているわけで(日々抜けていくものを入れ直していく必要があることはもちろんですが)、ペースメーカーとし…

開成同日体験模試の結果(算数男子算数偏差値30台)

去る2月1日に開催された、1年後に解ければすごいというレベルの問題に無謀にも挑む無謀な企画、同日体験模試。 ぽーやん、「できたくさい」と言っていましたが、「うそくさい」と思っていました。 ほらみたことか。 算数偏差値30台。 しょっぱななから…

教材が出回るころ

まだまだがんばっているお子さんも多いことでしょう。 わたくしも一昨年には5日にも受験やってました。 さて、先輩たちの教材整理が始まります。 多くの方は捨ててしまわれるのだと思いますが(気分いいでしょうねー)、メルカリなどで出品される方もおられ…

お友達麻布合格

わい! 夏休みに何度かぽーやんと一緒に算数をやってくれたおにぃちゃん、 麻布合格の一報が。 わい!わい! ご近所にやさしい先輩ができたな。 ぽーやん。これはもう、あとをおいかけるっきゃないっしょ! おめでとう! わい。わい!わい!

開成の算数は今年は簡単だった?

1日に開成同日体験模試を解いてきたぽーやんの解き直しをする準備として、解いてみました、開成算数2021。 試験を簡単だったの難しかったのいうのが、続いている入試に響いてはいけませんでしょうから、終わったタイミングで。 (例年に比べると圧倒的…

開成同日体験模試

6年生の皆さんが真剣勝負を終えて数時間後、ぽーやんの新6年生の最初のイベントが始まりました。 開成同日体験模試。 だから、そりゃ解けないだろうと。 今まで通っていた校舎とは別の校舎に遠征。 お友達も7、8人も受けに来ていたとのことで、みんなすご…

きみはもう

いよいよ週明け。 2月1日。 この日を無事に迎えるきみたちに、言っておきたい。 早すぎると思うかもしれないけど、おめでとうを言っておきたい。 ライバルたちと切磋琢磨し、 いろんな先生と出会い、 いくつもの困難が次から次へとやってきて、 それらを一…

国語の家庭教師先生来たる

問題は国語である。 もう、これだって根気よく反復していくほかないのだが、分かってはいるんだけど、つい、ため息も出ちゃう。 短気。これがどうしてもでちゃう。親子ともに。 もう、相当の時間を費やしました。今後も費やします。 偏差値も冬休み明けの志…

開成同日体験受験に向けて

せっかくなので、やってみました。 開成の去年の国語。 あれま、意外と文章短いんですね。 記述も、そんなに長いわけではない。 しかし、ぽーやん、やっぱ、書けない。 「女子のことなんか知らねぇよ。みんな仲よくすりゃいいじゃんかよ。」ですと。 そんな…

よく考えたら、良くやっている

5年生の後半は怒涛の新単元の連続でした。 長女の時に知ったつもりになっていましたけど、何度やっても、きついきつい。 こういうのをやってきた子どもたちは、すごいなぁ。 算数は、比。これだけでも大変なはずです。 これを、相当程度に使いこなして図形…