わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

全統とサピオー

 ぽーやん、昨日は朝から得体のしれない敵を目の前にしてフルフル震えているウサギのような感じでいました。
 サピックスオープンがあったからです。
 ぽーやんにはサピっ子のお友達が大勢いるにもかかわらず、おかしなもので、なんとなくサピに恐れを抱いているようです。
  
 さて、初めてのサピオー。
 対策はしたかった。
 全統をパスしてやろうと思っていました。受験生であるからには、全統には目をくれず、サピオーに焦点を当てるべきだと思ったわけです。
 
 しかし、振替受験もあるからとの熱心過ぎるお誘いに抗しきれず。
 今それに時間割く気はないわと言うのが本音です。
 過去何度か受けてきての、それが正直なところ。ぽーやんも、全く乗り気でなかったし。
 ま、仕方ないです。
 前日受験をしました。

 サピオーは完全アウェイ。
 周りの子はみんな大人びていて、ぽーやんは誰かの弟としてついてきたみたいな感じになっちゃってる。
 大丈夫大丈夫、お前なら十分戦える。
 
 と送り出しましたが、出てきたぽーやん、「理社とかワロタ(できなさすぎて)」。

 記述の採点の甘さが分からないので不正確でしょうけど、自己採点結果は260点とか270点とかそんなもん。
 うー・・・いろいろ言いたいことはあるけど、ちゃんと力を出し切れていない。
 それも実力のうちですけど。
 ぽーやん、次受けたら行けるとは思う、と不遜な自信を見せる。

 ま、連投お疲れさん。
 週末は組分けテストやね。

 今週はあともうちょい、頑張ってみよ。