わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

地図をぐりぐり

 ぽーやんの冬期特訓について考えています。
 メインは国語・算数でしょうけど、理社もやりたがるはず。
 
 公民にもやっぱちょっと入ろうかな。入るんだったら、一気に入ろっかな。憲法素読(内容を二の次にしすぎると意味がないような気もするけど)程度にとどめよっかな。
 ただ、いずれにせよメインは地理と歴史だろう。

 で、せっかく作ってあるカードを使って、「いちご」と称する産地反復確認勉強法(イチゴの静岡以下がなかなか覚えられなかったことなどから命名)をまたやってみよう。こういうのはやりすぎてやりすぎることがない。やればやるほど時間も短縮されていくし。
www.yamachanjj.com

 それに加えて、地図ぐりぐりをやってみようかと思います。
 意外とよく出るんですよね、こういう形式での地理。位置関係、ちゃんと把握してる?というやつ。
 よくでき君はよく地図を見てると聞いたことがあります。
 これを線を引いたりすることで強制的に(かつ印象的に)やろうというわけです。

 経線・緯線・県境が丁寧に(かつ薄く)ひいてある白地図を用意。
 ほい、引いてみよう。
 東経140度引いてみよっか。
 大潟村から引くなよ。北海道も青森も通ってる。
 へぇー。千葉と東京の間らへんに来るんやね。

 北緯・・・40度はまぁ、ええか。一応引いとく?
 36度も引いてみようか。長野とか埼玉の真ん中を通りよるな。東京はもうちょっと下になるんやな。

 そしたら、長野県、囲ってやろうか。隣接県をきちんと見ながらなぞれよ。
 もう一つ、今日は青森にしとこか。

 みたいな感じ。
 これのこつは、1日で欲張っていろいろ引かないことですね。
 面倒くさくなる。
 1日2本と2県位にして、隙間に差し込む。

 よし。適当な白地図も用意できた。
 来週からやってみよ。