わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

5年生最後の組分けテスト・第9回

 いやぁ、早いもので、もう5年生の最後となる組分けテスト。
 6年生のスタートでもある。

 ここで成績が固定されるわけではもちろんないけれども、やっぱ節目だし、良いに越したことはない。
 金・土はサッカー少年もやってきて、てこの問題をどっさりやり、過去問も一通りやり、二人とも過去最高に近い得点だったということで、よっしゃ、がんばって来いと。

 で、昨日ぽーやん、帰ってきまして、

 「算数176。他もできたくさい。疲れた。寝るし。」と一気にまくしたてて、どうしたものか、ごろにゃんな感じでわたくしになついてきました。
 変なの。
 自分的にできた感があって、ちょっと高揚している模様。
 「500いくかも知らんし。頑張ったんだからいいじゃん、ソフトクリーム買ってきて。バスケしに行こ。」

 寝るとか言っていたのが、ソフトクリームやらバスケやらになり、訳が分かりません。

 雨降り後の寒い中、バスケとか付き合わされました。
 「ワンチャン500あるから」今日くらいサービスをしろということのようです。
 しかし、理科、おもりの重さだかが開成の算数の答えみたいな数になったらしく、そんなもん合っているはずないやん。。

 さて、結果が出ました。
 算数176
 国語110
 理科88
 社会92

 500には全く届かず。
 やっぱ、国語がまだまだ。
 問題を見ていないので何とも言えませんけど、今回もとびぬけられはしなかった。Sコースは維持している、という感じでしょうか。
 ま、がんばったんやろね。
 もうちょっと行けるんちゃうんか、というのは、どんな点数を取ってきても思ってしまいますが、まだまだこれからの頑張りに期待しよう。
 今日もせいぜいいちびってください。