わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

週テスト6年上第1回と前期開成コース

 新6年生一発目、景気よく行きたかったのですが。。

 今回は国語の偏差値が20台。
 理科も滑車、きちんとできていたのに、あれま、50を切ってる。
 バリバリのスランプですかね。
 スランプ中の算数にミスがなく、4科目合わせると人並みの偏差値に落ち着かせてはくれました。
 ムラがあるなぁ。
 
 なんというか、落ち着いてきちんと勉強できていないと思う。
 いろいろと中途半端。

 さて、前期開成コースの1回目が昨日ありました。
 お友達も何人かいたみたいで、そりゃよかったな。
 ただ、あんまり分かりやすいという評価は少なかったようで。。。
 そりゃ、問題自体が難しいからなぁ。解説を聞いてすとんと来るのも大変になってくるんだろう。

 四谷大塚が看板コースとしていても、校舎によっては開成コースに行ってはいけないという風に指導されることもあるようで、途中離脱は幾人かはいそう。
 算数の問題なんか、難しいけど、ほとんど解いていないようで、問題として配られただけでは意味がないなぁ。

 せっかくの問題なので、全部一応御解説してみよう。

 なかなか順風満帆に新6年生突入というわけにはいかなかった。
 こりゃ、大変そうだ。。