わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

情け中ための人ならず

 おっさんおっさん、ぽーやんくん。
 今回の週テスト、どないなっとんねん。

 シール集めやらN進法なんぞ瞬殺してこいや。少しくらいひねられたからっていきなりこけんな。
 計算なんぞでしくったりもすんな。
 四谷の計算問題集の難易度が週テスト(や入試レベルの計算問題)とあまりにかけ離れているからか。
 併せてすぐるゼミの計算問題集やってるのに。計算問題はおまけみたいに考えられる傾向があるけど、れっきとした一つの算数の問題である。しかも最も重要な。
 
 社会も。
 自偉隊とか国事公為とか。勝手に作んな。漢字は意味考えろ。

 理科は最初でしくじると連鎖する。点数ガクン。しょっぱなを冷静に。

 極めつけは国語。
 漢字。習慣。汚すぎて×。りっしんべん、ちっちゃ。えー、書けてるじゃんかよーとぽーやん憤るが、わしはお前の字に憤る。
 極めつけは表題。
 ニュアンスに合ったことわざを書けと言われて、正解は「情けは人のためならず」(解釈は二通りあるようですがそんなことはこの際どうでもいいや)。
 ぽーやんの怪答。
 「情け中ための人ならず」
 まじで寝ながらやってたんですかと問いたくなる(ので問いました)。
 ぽーやん、不思議だなぁとか言ってる。ほんまに不思議としか言いようがないわ。
 口では言える。当たり前だけど。
 直し。
 こんなん、さっさと直せや。
 で、直す。
 「情けはための人ならず」
 おいおい、お前なめとんのか。
 直せったら直せ。

 こんな体たらくで、偏差値はちょうど真ん中。
 みんな苦戦しているんだなぁとはうかがえる。
 もう、上は上に突き抜けちゃって、追いつけないのか。
 いやいや、あきらめるのは早すぎる。

 5年後期は週報の常連に手が届きそうだったけど、6年生でいきなり失速中。
 たった2回ではかるのは酷かな。
 でも、週テスト過去問などでも点数は落ちている。
 学力が上がるどころか低下しているようにも感じられて仕方ない。杞憂であればいいけど。

 やっぱもうちょっと基礎をきちんと固めないとだめだ。
 丁寧に書く。きれいにではなく丁寧に。
 5年男児にこれをさせる方法があったらいいけど、なさそう。

 しかし、この姿勢は絶対に後々まで響く。

 イッコイッコ、丁寧に書いて丁寧に理解して丁寧に片づけていこう。