わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

勉強部屋を借りる

 リビング学習、これ、良いんですが、気が散るのを加速させるきらいがないではないです。

 せっかく時間をはかって問題を解いて、時間内にできたわ、こりゃはかどるかなと思っても、
 1問ごとにお茶でも飲むわとか腹減ったとか言って台所に行き、ママちゃんにちょっかい出したりして、時間が無駄になりすぎる。

 受験生がいるというのに、デカい音量とあれな音程で流行歌をがなり立てる長女とけちんは、それでは飽き足らないのか、時折やってきてちょっかいを出す。
 兄弟げんかが始まり、ぽーやん、泣き出す。

 これはもう、思い切って勉強場所を確保しなければならんと思いました。

 ということで、借りました。

 家から徒歩5分くらいで行けるところといったら限られてくるけど、何とか確保。
 最初は男子限定の和室トイレなし4畳半とかでも良いかとも思ったけど、住むならいいけど小学生がお勉強するという環境ではないように思え、1年限りのことだからと、普通の賃貸マンションに。

 床を傷つけないようにマットを敷いて、お勉強にふさわしい机を運び込み、おそらく過去問やろうぜなどと言ってやってくるであろうお友達の分も椅子を調達し。

 よっしゃ、この環境が吉と出るかそうでないか。
 分かりませんが、家よりは集中できるに違いない。というか、集中してもらわないと困る。

 メリハリつけて、やる時にはきっちり集中してやろうぜ!