わしが教えたる!父と子の中学受験

2022年受験の長男(ぽーやん)が麻布かどっかに入るまでのお勉強をがっつり後押し。2019年受験の長女とけは塾なしで乗り切りました。

お友達と合不合過去問

 春休みに北欧系美少年(あくまで個人的な観察の視点から)と、一緒にお勉強、やりました。

 少し前まで白くてか弱げだったのに、背も高くなり、ちょっと声変わりも始まり、「おっさんになってきたなぁ」というと、うれしそうでした。
 挨拶のように、ぽーやんが「てめぇナニジンだよ?」と言い、少年、「ニホンジンだよー」とか。意味不明というか、当たり前のことをというか。ちゅうかお前ら春休み前に毎日顔を合わせてたんやから今更そんな応酬する?これがうわさに聞く小学生男児無意味反復行動症候群か。

 さて、お勉強部屋に朝からこもり、早速。
 ぽーやんと二人して、「いきなりステーキかよ!」などと騒いでいましたが(お前ら、行ったことあるのん?)、そうです。我々には時間がないのです。

 よーい、どん。
 総じて、二人とも良い出来でした。
 
 まだサピでは立体はやっていないようで、切る?なんで?などとひとしきり悪態をついた挙句飛ばしていましたが、すぐ出てくるでー。

 しかし、さすが6年生。
 二人とも早いわぁ。合不合レベルであれば、時間にも十分な余裕を持たせることができている。
 でも、合不合は年々難しくなっているような気がするから、安心しきれへんで。

 なお、合格判定でいいのに、合格・不合格判定という縁起の悪いようにも思える名称がなんか怖いです。

 一回分終えて、水辺のカフェレストランでランチ。
 食べるのもそこそこに鯉にえさやったりして遊んでました。
 春休み、お友達と遊ぶのもほとんどなかったもんね。
 ボートに乗り、最も遠いところまで行けとの命令に従ってレストランが見えなくなるところまで漕いでいかされ、垂れ下がった桜の下に停泊して桜を満喫しました。3人じめした桜はきれいやったねぇー

 夕方からサピがあるとのことで、お開き。
 塾を休んでまだやりたいと言っていましたが、ま、気分で休んでいいもんやないでー

 またおいでー。